保育所の運動会

今日は長男(6歳)の保育園の運動会。
長女から連続7年間、私も40年ほど前にお世話になっていて、ひとまず、今のところ、最後の保育園の運動会となります。
7年間お世話になった保育園、高崎市で最も小さい規模の田舎の保育園。
数日前の、雨予報からなんとか持ち直し、風は強かったけれどお日様ものぞきました。
今年の2月に亡くなったおじいちゃんに「頑張ってきます」と報告して運動会に参加です。
子供に関しては、カミサンに任せっぱなしで保育園に行くのは、月に一度の送り迎えくらいです。
運動会が始まって最初に、自分の子供が大きくなった事よりも、父兄の方のジェネレーションギャップを大きく感じました。
7年経過しているわけですから、当然といえば当然で、自分たちより確実に世代の若い父兄の方がいらっしゃいます
長男は精一杯、一生懸命がんばりました。
お父さんもお母さんも一生懸命応援しました。
ご褒美に、お昼ご飯は『バイキング』すたみな太郎。
さぁ、食べようとお肉を取りに行きながら、産地表示が『米国』となっている事につい安心してしまう自分がそこにいました。

コメントする