Tomoaki.Biz

Google マップとストリートビュー

*

「がれき」とは?

   

東日本大震災以降、「がれき」という言葉が気になります。
廃棄物は処理しなければ復興は進まないという事は十分理解した上で・・・・
この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)
とあります。
放射性廃棄物は、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律や特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律などによって規定されるため、廃棄物処理法の対象外となっている。
ですから、今回の震災で発生したものは、放射性廃棄物ではないと位置づけられると思います。
また廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に大別されています。
産業廃棄物は、「事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物」(第2条第4項第1号)および「輸入された廃棄物」(同第2号)とされ、産業廃棄物以外のものが一般廃棄物とされる。
産業廃棄物でないものが一般廃棄物になるわけで、震災の廃棄物は一般廃棄物となります。
そして『がれき類』とは
廃棄物処理法施行令第二条
※法第二条第四項第一号 の政令で定める廃棄物は、次のとおりとする。
その9号 「工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物」とあります。
家屋・ビルなどの建物その他工作物などの撤去時に出るコンクリートや舗装補修工事で掘り起こされたアスファルトがらなどの廃棄物で、建設廃棄物の70%以上を占め産業廃棄物とされている。
『がれき類』は産業廃棄物となります。
今回の震災の一般廃棄物は『混合廃棄物』と位置づけていいでしょう。
『がれき』と『がれき類』は全く異なるものと考えるしかないですが、ここでの問題は、一般廃棄物と産業廃棄物がしっかりと区分けされていない事、そして、昭和45年に制定されたもので、現在の廃棄物には対応し切れてない事だと思います。
これらのベースをしっかり地固めしない事には混乱が続くばかりだと感じます。

 - 日々の出来事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ビックカメラと高崎新聞

先日の『ビックカメラソフトボール教室』が高崎新聞に掲載されていますね(^^) & …

no image
本日はブログの画像引越し作業

ぐんまちゃんの応援は引き続きですが、明日からクライマックスシリーズという事で、ア …

no image
70回の献血

表彰対象らしいです。 1000円の義援金を寄付。 東北地方の被災者に対し応援を続 …

no image
本日もダラダラと・・・

ビットコイン取引所破綻ですって。 通貨は「円」でしょ。なにそのビットコインって知 …

5月の紫外線

5月に入って 5月2日直江津、5月4日直江津、5月10日17日高崎にてしっかりと …

つぶやき

  日月と連休でして、今日の予定は確定していまして、最優先で『インフル …

no image
バタヤンが死んだ

私の世代ではほとんど興味のない話題ですが、亡くなった私の父が大ファンでした。 人 …

no image
昨日は内容がコア過ぎて・・・

『いいね』を一つもいただけなかったので、自分で『いいね』しておきました(笑) W …

にわか知識

異動になりまして、タイムシフトというわけではないんですが、チョット遅めの出勤、遅 …

電子辞書を購入してみて・・・・

長女が欲しいと言い出した『電子辞書』昨日のうちに追加コンテンツをいくつかダウンロ …