沼津市戸田に行ってみてその5

今回沼津市戸田に行ってみて、これは海水浴に行く宿全体に当てはまる事だと思いますが、アナログがいいです。じゃらんや楽天でお宿を申し込むのもいいけれど、アナログはもっといいですよ(^.^)
ちなみに私は連泊の最初、じゃらんで連泊で申し込んでおいて、電話で交渉の上、2泊目はじゃらんをキャンセルしてお宿と直接の契約にしました。
新潟の海水浴場もやはりこれが当てはまります。私は観光協会に電話掛けまくります(笑)結構前日でも宿残っていますよ(^.^)
ところでこ二泊三日でいくら値切ったでしょうか?
まず、沼津お魚市場で値切って(^.^)
沼津市戸田の御浜海水浴場では最終日『海の家』で値切り交渉に入りました。
休憩で大人800円子供500円のが正規の価格です。
昼食はここで食べる、半日で上がって群馬に帰る。だから値引いてね。
値引いてくれないなら他のところで交渉するというかなり強引な作戦です。
一応お宿で発行している『海の家割引券』も持参です。
『組合の縛りが厳しくて・・・』と最初渋っていたのですが・・・
『談合ですか?公正取引委員会に言いつけますよ』と切り返すと
『ではお気持ちだけ頂きます』
『お気持ちという料金はないですね』
『じゃ500円で』
『一人で?』
『全部でです』
2600円を500円に値切りました(笑)
帰り下道で通った山梨の桃直売所でも500円値切り、おいしい桃もお土産になりました。
値切り交渉で重要な事は、価格を相手にいわせる事です。こちらから価格をいうとその通りには絶対にいきませんに、下手するとゆすりたかりになってしまいます。
『みとシーパラダイス』でもチャレンジしてみましたが(笑)ここは絶対に値引きはあり得ないので楽しんできました。
連泊のお宿も相当なサービスをしていただきましたよ。

コメントする