献血でHIV

一昨日こんなニュースがありましたね。

先日『献血終了宣言』を発動したので評論家気分で書いてみます。

2013年11月26日読売新聞より引用

——————————–

エイズウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が、日本赤十字社の検査をすり抜け、医療機関で患者2人に輸血されていたことが分かった。 厚生労働省と日赤はこの2人を特定しており、感染の有無を調べている。厚労省は26日午後、薬事・食品衛生審議会血液事業部会を開き、対応を協議する。2003年に起きた輸血によるHIV感染事例を受け、日赤が04年に検査態勢を強化して以降、HIV感染者の血液が輸血されたことが判明したのは初めて。厚労省や日赤によると、11月に献血した男性の血液から、HIVの抗体が検出された。この血液は輸血に使われなかったが、同じ男性が今年2月にも献血していたことから、日赤が保管していた検体を調べたところ、HIVの遺伝子が検出され、この血液が別々の医療機関で2人に輸血されたことが確認されたという。男性は献血時、「エイズ検査を受けるための献血ですか」など23項目の問診で、事実と異なる内容を回答していたといい、厚労省は検査目的の献血だった可能性があると見ている。検査は2段階で、ウイルスなどの抗体検査を1人分ずつ行った後、20人分の血液をまとめた高精度の検査をする。HIV陽性反応があった場合は、1人分ずつの血液を詳しく調べて特定する。今回輸血された血液は、2月の検査で陽性反応は出ていなかった。

——————————–

高崎駅の献血ルームでは事前の問診は液晶モニタにタッチパネルでYES/NOでタッチしていくだけ。献血回数を重ねてくると献血を受けるための『傾向と対策』がはっきりとわかってきます。

ですから、20問程度の設問に対してどう答えれば献血が受けられるか?を意識して回答するのはいた仕方ないでしょう。わざわざ足運んでいる訳ですから・・・・

血圧にしてもしかり。私は『白衣フェチ』です(爆)白衣見ると血圧上がります。

私に限らず、血圧で引っかかった人は血圧を何度か計り直して基準値に収めるなんて事も当たり前の世界。

今回のニュースは十分に想定された結果。

日本赤十字の体質に関して批判されるべきですが、悪は『HIV』でありながら献血した人です。

どちらにしてもいい引き際でした。抗生物質の効かない『ウィルス感染』による不明熱であろうという結論になりそうですから『善意』が仇になる可能性が大きいですし『献血終了宣言』は正解でした。

コメントする