戸狩温泉スキー場にてその2

戸狩温泉スキー場にてその2

一応カメラは持って行きますが、記録よりも記憶に残したいという気持ちと、毎年同じところに行っているのでよほどの変化がない限り写真は撮りません。

で、昨日の続き。宿に戻り、着替え夕食に備えます。


【戸狩温泉スキー場】リフト1日券付きでお得♪
★夕食メインは【信州牛ヒレステーキ】
冬季限定の「雪割りそば(二八そば)」を含む全8品。


大人のリフト券付きで、料理は子供も大人扱い。

2年生の長男は低学年設定すると信州牛ヒレステーキが付かなくなるので、高学年扱い(笑)

大人:11200円×2=22400円+小学校高学年:6500円×2人=35400円

DSCN4832

私、正月だから、海の日だからって宿泊料金上げる宿って嫌いなんです。

夏休みに三浦半島行きたいと思っているんですが、海の日の設定価格が平日の3倍ってのがいまだにありますから。

個人的に割り増しは1人2千円以下。石田屋さんはこれに当てはまります。

牛ヒレステーキに信州蕎麦、馬刺しまで付いてきます。

もう一つ、石田屋さんを選ぶ理由。長野に行ったら何となく『信州蕎麦』食べたいじゃないですか?

ただスキー場で1.5日遊んで善光寺行って帰ってくる。この予定では2日目のお昼まで滑ってその後善光寺に行くまで、若しくは善光寺近辺で食べるしかないんです。

そうなると時間のロス、そして遅いお昼になってしまう。腹減った子供は手に負えないですから・・・・・(笑)

だったら『蕎麦屋』に泊まろうって事になったわけです。これで確実においしい蕎麦が食べられます。

石田屋さんの2階案内図

DSCN4829

けして新しい宿ではありません。

私は楽天トラベルとじゃらん2本立てで予約します。

本線は楽天トラベル。今回はじゃらんは使いませんでした。

予約開始が2ヶ月前。楽天トラベルで2日3日で予約を入れます。

まだその時点では年末年始の休日出勤が確定していませんが予約しておかない事には始まりません。

非常に複雑な建物構成ですから、早く予約すると低い『階』で角部屋をチョイスしてくださいます。

今回は201号室。

年末年始の休日出勤が確定して予約の変更はじゃらん。楽天でキャンセル入れて改めて予約入れようとして部屋がなかったら目も当てられない。

ですからじゃらんでぶっ込みます。

話は夕食に戻りますが、私はお酒は飲めません。でもお正月です。小ジョッキで乾杯です。

一昨年はこのビール飲んだ後、激しい寒気に襲われてぶっ倒れました。

ある意味チャレンジです。3分の1ほど飲んでほろ酔い(^.^)

DSCN4831

異常なし、おいしい夕食でした。

夕食終わったら歩いて5分ほどのところの『暁の湯』外湯です。

ゆっくり露天風呂でくつろぎます。

この時点で子供達の体力の限界を感じます。

宿に戻り、布団を敷くと、2人の子供は土下座してお父さんに

『お願いですから寝かせてください』

初日お父さんの完全勝利です

 

コメントする