NHKの手話ニュース

本日は「独り言」でいってみます。

NHK(Eテレ)の手話ニュースってありますよね。

夜、何気なく見てしまい、そしてそのたびに思ってしまうのですが・・・・

ちなみに私自身には障害はありません。

手話はあって当然。字幕もあってしかるべし。ただ字幕の漢字にすべてフリガナがふってあるんです。

耳の不自由な方を対象とした番組ですから私が口を挟むべきではないのかもしれません。

でも『手話ニュース845』を例に取ると20:45~21:00までの15分間。

大前提として文字を読むのが不得手の方がいらっしゃって、「手話」があるのは理解出来ます。

ただ、文字を読む事に支障のない方はフリガナは不愉快なんではないかと・・・・

障害があったとしても『教育』は受けるわけですし、目から入ってくる情報は得られるわけでして、ましてや今はインターネットの時代。PCのモニターでは活字は沢山登場します。テレビでも音声をミュートすると字幕が流れる機種はいくらでもあります。それらの情報にフリガナは登場しません。

そんな事を思うと、NHK(Eテレ)の手話ニュースの字幕フリガナは耳の不自由な方に対して失礼なんではないかと・・・・

別にNHKに喧嘩売っているわけではありません。

でも見るたび、毎回そんな事を思ってしまいます。

あくまでも『独り言』という事で・・・・・

コメントする