引き続きビックタンクのお話

引き続きビックタンクのお話

引き続きブラザー社製のプリンタの互換インク ビックタンクのお話です。

昨日、タダプリントを運営するニシダインターナショナル株式会社の西田さんと構造上の面でメールでのやりとりをしたのですが・・・・・

ビッグタンクにはマゼンダ・シアン・イエロー・ブラックと、ゴムキャップがありまして、購入時はそれぞれのゴムキャップで密封されていまして、装着時にゴムキャップを外して、コマのような形をした空気取り入れ用の『保護キャップ』を取り付けるよう指示されているのですが、説明書通りに装着するとガタツキがひどく不安定です。

DSC_1599

※説明書では『軸の太い方が上』って書いてあります。

 

この部分を問い合わせしましたら、下の写真のようにゴムキャップは180度回転させて、保護キャップに関しては太い方を下にして問題ないとの事。

DSCN7558

これで、当面インクの補充は必要ありません。

なんたってビッグタンクは純正インク12本分ですから(笑)

DCP-J552N以降は『両面印刷』がサポートされています。

コレがいたって便利。ビシビシ印刷してます(笑)

でもインク全然減りませんよ(笑)

コメントする