私の叔母

私には母が3人おりまして(笑)

実の母、そして妻の母「義母」ってヤツですね(^.^)プラスアルファで私の「叔母」母の妹が加わります。

いろいろあって「離婚」して実の子と離れ今に至るのですが・・・私を常に実の子として扱ってくれています。

ですから私も「母」として扱っています。私の結婚式の際は新郎の母の席は二つ準備しましたよ(^.^)

私が実の子ですから、私の子供は『実の孫』でして、孫も「祖母」としてしっかり受け止めているわけでして・・・・

で、話はソフトボールになるのですが、ソフトボールの練習場のすぐ近くに叔母の家があるんです。

年金生活の叔母は昼間は私の家の裏の作業場で母と内職を楽しんで夕方自宅に帰ります。

余談ですが、家を建てる時お世話になった「桧家住宅」の店長は、この作業場を「お母様のアトリエ」とおっしゃいました。

ビックリしましたよ(笑)その一言で母も桧家住宅さんにググッと来ましたよ(^.^)

話を戻しますが、その帰り道に練習場「第2グラウンド」がありまして、そこに「孫」の姿がありまして、なおかつ、土日には「声出せ」って叫んでいる「子」もいるワケで・・・・(笑)何かをしたくて仕方がない叔母の気配は感じておりました。

数日前のバザーの日、私のピラメキでビッグイベント『かき氷食べ放題』を企画実行した次第ですが、13:30から練習を始めてチョット早めに練習を切り上げて16:00からいかがでしょうなんてお話をお父さんお母さんと密かに予定していましたら、15:00頃「叔母」が車でグラウンド脇で停車しまして、セブンイレブンで買って来たアイス50本差し入れましたよ。

「ビッグイベントが薄まるぜ」と思う私と、すぐにいただかないと溶けちゃうわって感じるお母様方(笑)それ以上に「親子」の連携のなさを情けなく思いつつ、アイスをいただきましたよ(^.^)

「叔母」の行動は止められないですよね(笑)可愛くて仕方がない「孫」に何かしてあげたいと起こした行動ですから仕方ないところです。

その後、私は叔母に相談を持ちかけられまして・・・・・

U也に自転車買わしてくれって・・・・・確かにいいところついています(笑)

U也の体格はほぼ中学校2年生でして、今乗っている自転車は小さいんです。今自転車を購入すると、中学生が乗る自転車になるワケで(笑)そうなると中学校に入る時に購入する自転車はそうすりゃいいの?って事になりまして・・・・それまでは我慢だねと妻とも本人とも話をしたばかりです。

でも叔母曰く、実際に中学校に入る時、叔母が買ってあげたい物は大抵、私の母と義母に先に購入されてしまう。だから、今先手を打って買ってやりたいんだそうです。

確かに一理あります。長女が中学校に入る時に確かにそうでした。でもこのタイミングで自転車を購入するのは長女に対して不公平になるなとも考え、「考え中」という事で言葉を濁しておきました。

どう話をまとめましょうかね?(^.^)


 

長男がソフトボールを始めてから、私も妻もできる限り練習には参加させていただいています。物品提供もしています。

純粋な私たちの意見は、物品提供(アイス・かき氷・レタス・ジャガイモ)等々やり過ぎじゃないかとも感じています。

でも自慢じゃありませんがお金ならありません(笑)

長男が自らやりたいと始めたソフトボール、そして一所懸命戦っています(^.^)

apr19291

斎藤のおじちゃんに「ホームランアーチスト」に仕上げて貰うつもりです。間違えて「ドカベン香川」にはしていただかないようお願いしてあります(笑)

dokaben140930

物品提供は自分の子供をレギュラーにして貰うための手段では断じてありません。

正直レギュラーにはなれないでしょう(^.^)それでいいんです。長男の成長が見たいんです。

そして、子供達に大きくなっても強烈に記憶に残る事をしてあげたいんです。

東京ドーム行って、練習の後にかき氷大会して記憶に残りますよね(^.^)

私は練習中に長男を含めたチームメイト全員に記憶に残る事をしてあげたいんです。

チームメイトみんな可愛いなぁ(^.^)

関係者の方全てに感謝です。

 

コメントする