フリーダイヤル

0800-500-0575

から19:30頃、電話掛かって来まして、帰宅して「auひかり」のフリーダイアルだって事はわかったのですが、折り返しの電話をしてみると、確認のために携帯電話の電話番号を教えてくださいって来たので、ちょっと待ちなさいって言ったみました。

携帯電話みたいな電話番号から電話があって、個人情報をスラスラと答えるワケにはいかないでしょう(^.^)

ここで個人情報さらすのは振り込め詐欺の犯人に個人情報漏らすに等しいでしょ。

そもそも、私の携帯「通知設定」になっているので、教える必要もなく・・・・・

で、来月がauひかりの「更新月」で違約金なしで乗り換えられるんです。

「携帯」と「格安SIM」の2台持ちって案とMNPで全部乗り換えちゃうって案(これは非常に面倒くさい)そして、「auひかり」のままで契約を私からカミサンに変更してキャッシュバックいただいちゃおうって案。



最後のこのパターンが最も確実。これはNTT東日本に教えて貰った方法です。住所が一緒であっても、契約者名と連絡先電話番号が異なればキャッシュバック対象になると断言されましたから・・・・

今は大きなキャッシュバックはありませんが、この方法ですと2年ごとに私→妻→私と切り替えれば毎回キャッシュバックを得る事が出来ます(^.^)

この方法、電話工事業者さんは当然ご存じで(笑)解約の日に新規契約、手慣れた方法で済まされますよ(笑)

新しいONUとルータ持ってきて「線は張り替えなくていいですよね」って(笑)

昔のように固定電話の加入権がステータスという時代ではありませんから、結構この方法はみなさんやってらっしゃいますよ。

フレッツの代理店からも勧誘の電話が時々掛かって来るんですが、「私の家をNTT回線にしたいのであれば、まずは電話加入権72000円を私に返還した上で勧誘してください」って言ってやります(笑)


 

で、怪しい電話の話に戻します十数年前、私の携帯に刑事を名乗る方から電話が掛かって来たんです。念のため、悪い事していませんからね(^.^)

下三桁が110の電話番号で・・・・

「私は※※警察署の刑事、○△と申します」って(笑)下三桁が110なので本線警察署なんですが(笑)

「チョット待ってください。いきなり電話を掛けられてあなたが刑事を名乗ったとしても、これはあくまでも電話です。警察手帳を見る事も出来ません。あなたが刑事である事を何らかの形で証明してください」って言ってあげました(笑)

電話の主、戸惑う事なく言いました。

「ちょっと費用が掛かりますが、一旦電話を切ってください。そしてNTTの104で※※警察署の電話番号を調べてください。そして※※警察署に電話して、○△課の○△に繋いでくださいと言ってください。私が出ますので・・・・」

NTT東日本を信頼の置けるソースとして身分を証明する完璧な説明でした(笑)

全然話まとまらず・・・・

 

 

コメントする