格安SIMに着手します。

あーだこーだ調べていた上で通信費の削減という事で、やっと着手しました。

auひかりホームギガタイプ(自宅回線)+スマホ2台+キッズケータイ1台+おばあちゃんの携帯電話

この環境で1ヶ月25000円程支払っています。大きくいじる事は敢えてしません。

細かいところを確実に削っていきます。

まずは、auひかりホームギガタイプ(自宅回線)に関して敢えて変更はしません。「3年縛り」になってしまいますが、今年3月から始まった「ずっとギガ得プラン」で300円の値引きを図ります。

この手続きは既に終えました。

そして、まずは私のスマホ環境から・・・・

AQUOS PHONE SERIE SHL22を現在使用しています。

スマホ交換プログラムAQUOS K SHF31(ガラホ)に無料で機種変更します。

現在スマホで6500円程支払っていますのでAQUOS K SHF31で携帯電話として「2000円弱/月」の携帯電話として設定します。

機種変更ですからAQUOS PHONE SERIE SHL22は手元に残ります。

ここで重要なのはハードウェアを新規に購入ない事

こんなの注文しました。

mineo、au端末でも使用可能な格安SIMです。

データ通信のみ5G 1580円(30ヶ月間800円割引)って事ですから当面は780円で「5G/月」のスマホとして利用出来るはず。

ざっくりの計算ですが、スマホの料金、現在の6500円→3500円くらいになりそうですね。

併せて本日auショップに行ってキッズケータイのプラン変更見直しをしてきます。無駄なオプションを外してきます。


 

まずはこれを試してみます。うまくいったらカミサンも同様の方法でいければいいですね。

いろいろ考えてみたんですが「auひかり」快適なんです。常に期待したスピードが得られています。

田舎なんで、auの固定回線少ないんです(笑)だから常に快適。

楽天モバイルのご担当者様にチャットでいくつもの問い合わせしてみて参考になりました。

ただ私は通信費を削減するために新しい端末を購入する予定はないんです。端末をコストに換算すると「格安SIM」のメリットが薄くなってしまいますし、端末はなんでもいいんです。

「データ通信のみ5G」の縛りが発生しますのでここは大事に扱いと思います。

WIFI環境でのみ接続って縛りをみんな付けておかないとひどい目に遭うのは目に見えていますから・・・・・・(笑)

 

 

コメントする