ヒステリックに

カミサンからヒステリックなメールが届いていまして・・・・(笑)

長男がおでこに『やけど』作ってきたって・・・・・

キン肉マンの『肉』の部分が10円玉大のやけどになったそうで・・・・

担任の先生に徹底的に抗議するって・・・・・そうそう『担任の先生』です(笑)

でも、私はそこにいたわけではないし・・・・「一方聞き」で判断したくない。

結果だけ見ると子供がおでこに『10円玉火傷』お土産に持って帰って来たら「ひどい話」だと思います。

教頭先生も結果だけで判断すれば、お母さんにひたすらお詫びするしかないと思います。

でも、そこには絶対『経緯』がある筈です。

時系列を逆に追ってみます。長男が帰宅すると、「連絡帳」にびっしり担任の先生からお詫びの文章が書かれています。

私は一歩引いていますから(笑)「斜め読み」です(笑)

で、長男が火傷した後、担任の先生は長男を連れて、すぐさま保健室に駆け込んだのですが、保健室の先生が取り込み中でして・・・

かなり慌てて担任の先生がお薬と絆創膏貼ってくださったようで・・・・

ここまで遡れば担任の先生が明らかに『度が過ぎてしまった事』を感じていることがよくわかります。

 

『火傷に値する行為』なんてあり得ないですが、長男が凄い『悪さ』したような気がします。

長男が友達に肉体的欠陥の暴言を吐かれ、担任の先生のGOサインでボコボコにやっつけたっていう経緯もありますから、やんちゃな先生であるのは私も妻も十分承知しています。

 

ただ、担任の先生と教頭先生のお詫びモードになっちゃっていますから・・・・

 

話がおさまりそうでなければ、今度の月曜日『お父さん』が我が母校に行ってやろうと思っています。『どら焼き』持参でね(^.^)

長男が学校行きたくないとか言い出せばまた話は変わりますが、本線は『どら焼き』モードで逝ってみます(^.^)

https://www.youtube.com/watch?v=PHtv1QnMq40

 

コメントする