Tomoaki.Biz

Google マップとストリートビュー

*

ヤンキー先生の母校に思う事

   

数日前、こんなニュースがありました。

以下朝日新聞デジタルから引用


 

ヤンキー先生の母校、閉校検討 北海道・北星学園余市高

 全国に先がけて高校中退者の受け入れ制度をつくったことで知られる北星学園余市高校(北海道余市町)が2017年度を最後に生徒募集を停止し、19年度末に閉校する方向で検討していることがわかった。運営する学校法人北星学園の関係者が明らかにした。同校は「ヤンキー先生」こと義家弘介・文部科学副大臣の母校。

 同校は1965年に開校。88年に中退者の転編入制度を導入し、全国から生徒を受け入れてきた。北星学園によると、転編入を受け入れる高校やフリースクールが増え、定員140人に対し今春の入学者が41人にとどまるなど、ここ数年は定員割れが続いていた。来春の入学状況をみて最終判断する。


 

テレビでの取り上げられ方って、廃校に猛反対するOB・父兄側からの目線なんですね。

明らかに公平じゃない取り上げ方。

確かに母校がなくなる事は残念なお話だと思います。

 

★長野県軽井沢町のバス事故で現場に駆けつけた前橋赤十字病院の災害派遣医療チーム、通称DMATの医師の言葉

「我々医療者が外に出たり、救急隊のような活動をしないことが一番。事故が起こらない、そういう環境を作ることが一番望ましいのかなと」

 

★私がお世話になったとある医師との雑談で出た言葉

『私の夢は世の中に病気の人がいなくなって私自身が乞食になる事』

 

北海道・北星学園余市高のお話に戻りますが、中退者・不登校経験者を全国から受け入れた功績は大きいと思います。

中退者・不登校経験者が減ったのではないようです。

北海道・北星学園余市高をきっかけに中退者・不登校経験者を受け入れる高校やフリースクールが増えたというのが現実のようで・・・・

それによって北海道・北星学園余市高の定員割れ→廃校という流れのようで・・・・

違った味方すれば、救急車の受け入れ先がなくて、たらい回しが解消されたに近い状況のような気がします。

↑この部分は不適切なたとえかもしれません。

 

私のあくまでも個人的な意見ですが、北海道・北星学園余市高の功績を大いに称えた上で・・が報道の公平な取り上げ方だと思います。

北海道・北星学園余市高の廃校が現実的なものであるとすれば廃校ではなくミッションコンプリートと表現した方がよろしいのではないかと・・・・

 

 

 

 - 日々の出来事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ライン引き

先日高崎市の小学校の育成会のソフトボール大会がありまして・・・ 私は親観戦設定で …

赤城ヒルクライムのドローン

熱は下がったのですが、咳が止まらず・・・・ 本日当番医行って来まして風邪薬いただ …

no image
赤外線送受信

チョット別件で・・・・ 今年は赤外線送受信を意識してみようかと思います。 私、歳 …

no image
私の戦闘服

そうそう、今、水虫君と戦っています。 どんな症状かといいますと・・・・ 左足の小 …

ココスに行きました。

基本的にデザインセンスは全くないので、ブログのデザインに関してはWordpres …

no image
再び催眠術

ムーンフェイスって体が太るのではなくて、顔だけ太るんですね(^^ゞ チョット計算 …

おばあちゃん曰く

『孫』は『子供』の500倍可愛いそうです(笑) 昨日、特に会話もなく突然おばあち …

丸沼高原に行くか?

正月二日三日で戸狩温泉スキー場を予定して宿の予約も済んでいるのですが・・・・・ …

今日の出来事

帰り道、自宅の近くの交差点で出会い頭の衝突事故。2台の自動車が交差点のど真ん中に …

no image
風邪引きました

本日は体温計は登場しないのですが・・・・・それほど熱は出ないんですが、とにかくだ …