三十三回忌

三十三回忌

妻の父の三十三回忌。

勿論、私は義父の事は私は知りません。

当然の事ながら、七人の孫も祖父の事を知りません。

そんな中、お寺さんで三十三回忌が始まります。

 

お坊さんがお経を唱える最中、長女が妻に話しかけています。

私は長男の面倒を見るのがミッションで・・・しばらく放置しておいたのですが(笑)

お寺からお墓に移動する最中、騙すとか騙さないとか、そんな話をしているわけで・・・・

かいつまんで言うと、妻は長女に年齢を10歳サバ読んでいまして(笑)・・・・

お坊さんから「高校生の時にお父さんを亡くして三十二年」ってお話をいただきまして、長女は「高校生+32」っていう計算をチャチャッとしてみますと答えがどうやら違うわけで・・・(笑)

十年近く偽り続けた事が三十三回忌にバレたワケでして・・・ここはお爺ちゃんに免じて許してあげて欲しいと思います(^.^)


で、昨日のお話。

帰宅して、夜、子供のソフトボールの会議があって帰宅したのが21:00ってところでしょうか?

風呂入って、10時チョット前だったと思います。

一服しようと玄関から外出たら、煙臭いんです。

なんか嫌な臭い。数年前に、ほぼ同じパターンで隣のアパートからモクモク煙が上がっていて119番通報した記憶がありまして・・・

同じパターンなので、有事を想定して行動します。

まずそのアパートに向かってみます。異常なしです。

私の挙動に妻もおばあちゃんも出てきて、やっぱり煙臭いって・・・

近隣で疑うべきは残り数件です。北側のデイサービス、ご近所数軒といったところでしょうか?

ただこの時間に近所をウロウロするのも変なので所用範囲でウロウロしてみました。

ウロウロしてみて煙臭いのは私の家の東側。その時東風が吹いているのを記憶しています。

でも異常はなさそうです。

でもやっぱり煙臭い・・・

私の判断で119番はせず、所轄の「消防署」に電話して事の顛末をお伝えしました。

対応いただいた署員の方、「念のため消防車向かわせましょう」って。

そして、「向かわせますので119番していただけますか?」って。

「私は今、ドコに電話しているかご理解いただいています?」って斬り返すと

「こちらから消防本部に連絡します」って当たり前でしょ!

デッカイ消防車でサイレン鳴らしてきましたよ(^^ゞ

隊員の方4人いらっしゃったでしょうか?

数人が花粉症で嗅覚に異常ありで臭い検知出来ず。でも一人の隊員の方が

「臭いますよ、」って。一回り確認して来ますのでという事で一段落。

万が一の事があっても報告しておけば安心です。

火事なんてないほうがいいんです。

30分後くらいに玄関のチャイムが鳴って、原因がわかりましたって・・・

私の家の東側で薪ストーブをお使いのお宅があって、その時点でも煙が出ているそうで・・・

私の早合点で大騒ぎになっちゃいましたか?って思ったのですが・・・

隊員の方いわく、その時刻にその状況であれば通報して正解と思いますというお言葉いただきました。

正解だったんでしょうか?わかりません。

薪ストーブをお使いの方、私の知り合いにも何人かいらっしゃいますが・・・そんなつもりはなかったです。ご理解下さい。

隊員の方がおっしゃった事。今回の件、県の迷惑防止条例の適用範囲だそうで、でも迷惑防止条例を詳しく調べる気は今のところありません。

 

話を戻します。妻父の三十三回忌。

因縁ですかね(笑)妻が高校生の時に父親を亡くして、私はというと、その1週間後に姉亡くしています。命日1週間違いです。

ですから私の姉も三十三回忌。

でも、お墓参りするだけで何もしません。私と母で相談した結果です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする