どんどん話がズレていく(^^ゞ

どんどん話がズレていく(^^ゞ

本日の練習試合。

長男は相変わらずBチームなのですが、Bチームで戦った最終回、同点でランナーを一人置いて長男の打席。

親がビックリしちゃいましたよ。

イメージで表すとパトリオットミサイルです(^.^)

低い軌道でドーンって逝きましたよ(^.^)

間違いなくサヨナラホームランなのですが、外野フェンスがなく、記録上はあくまでもヒット。

私も長男もご機嫌な一日でした。


 

モチベーションを上げつつある釣りのお話。

DSCN8676

釣具屋さんに行って必要のないものを購入するのを避けたかったので楽天で注文した商品。

ダイワ(Daiwa) ハードヒシャクホルダー ブラック

ダイワ(Daiwa) ハードヒシャクホルダー ブラック
価格:1,063円(税込、送料別)

こんなのも買っちゃいました。

必須アイテムはほぼ準備が終わり、我が家のベランダでは既にデモンストレーションが始まっていたりします。

DSCN8680ウキはメール便なのでまだです(^.^)

ウキが届いた時点で迎撃ミサイル発射準備完了となります。

本戦は4/25の月曜日GW前の「場荒れ」する前の直江津港でサクっと釣っちゃおうかなぁと・・・

 

上越で大知さんが渚釣りなさった時の動画で自分を盛り上げます(^.^)

ちなみに渚釣りが出来るって事はある一定の所から急に深くなるという上越の海の特性を表現したものでもあります。

2年前のGWのこの事故まさにこの海岸での事故。ゴールデンウィークに子供と海岸で散歩していて、高波にさらわれての事故。

この事故の日、私たちは直江津港にいたのですが、「海なし県」の人間がテンションマックスで海に向かうと「精神状態」おかしくなるのは事実です。

波が高いから釣りをやめておこうとは考えません。

波を避けられる釣り場を選ぼうって考えます。

ですから4/25の月曜日って現時点で確定させるのは非常に危険なんです。天気予報・波の予報に関してもポジティブに捉えてしまう。

 

柏崎港でのこの事故 やっぱり私は現場近くにいたのですが・・・

私、前日の天気・波予報確認しています。

そして当日の朝6時の時点で177でやはり波の予報確認しています。

事故が起きた時間には波がおさまっている予定でした。

予定が3時間ほどずれ込んだだけで、波の予報は概ね当たっていましたよ。

その日の朝まで、波は高く、その後回復傾向だったわけでして・・・

釣り人が転落し、消防隊員が救助に訪れて16人が高波にさらわれて、その後、海上保安庁まで出動し、マスコミのヘリコプターが訪れる昼頃には波も風もおさまって静かな海になっていましたから・・・

 

決められた日の為に、準備して釣具屋さんで餌買って・・・正直ヒッコミきかないでしょ(笑)

あくまでも「自己責任」と言っても、実際に事故が起きればいろんな所に迷惑かけるわけです。消防隊・海上保安庁等々・・・

ですから最近は一人で行く釣りは安全の確保出来る所。こういう所を選択しています。

そこそこ釣果の期待できるところです。簡単に説明すると船舶の停泊している所。小型船が停泊していればある程度安全な場所と判断出来ます。

寺泊のこの場所は仮設トイレも設置され、車横付けで、一年中そこそこの釣果が期待出来て、お魚市場も近いのでお子さん連れには持って来いかと・・・

釣具屋さんはトミーかな?GW 稚鮎のサビキは面白いですよ(^.^)

 

秋口、ここで「紀州釣り」面白いですよ(^.^) 私のメインの釣りです。

本日は話がドンドンズレて逝っちゃいました(^^ゞ

コメントする