何をいまさら・・・

東京サマーランドが、タトゥー・入れ墨を入れている方に対し、異例の緊急アナウンス???

なんか、おかしなお話で・・・そしてなんでいまさら・・・と。

東京サマーランドがタトゥー入れ墨の方に対し、重い腰を上げたのは2008年7月1日。8年も前の事(笑)

世の中のあらゆる屋内プール施設がタトゥー入れ墨の入場禁止を謳ってから数年後の遅れた対応。

私も、長女連れて何回か行きましたよ(^.^)東京サマーランド。

でもですね。やはり体中に「模様」を施した年配の方がデーンと横たわっている姿。親は子供に説明出来ないし・・・

子供も親に質問出来ない(笑)

で、いつの間にか、「カリビアンビーチ」に切り替えていました(笑)

東京サマーランドが「タトゥー排除」に出遅れた理由。

ここからは私の偏見になってしまいますが・・・

東京サマーランドの親会社は東京都競馬株式会社

大井競馬と伊勢崎オート、公営ギャンブルに携わっているから、タトゥー・入れ墨に対し後手に回ったと考えるのは安直でしょうが・・・

東京サマーランドの過去をさかのぼると、場内にタトゥーショップがあったのも事実。

タトゥー・入れ墨を入れている方に対して情報発信する必要はなかったですよね(笑)

単にタトゥー・入れ墨を施している方の入場制限をすれば良いだけの事。

今回の情報発信した担当の方、歴史的背景とか把握し切れていないような気がします。

「客」として「嫌なら行かない」それだけの事。わざわざ「炎上」するような情報発信の方法は疑問に感じるだけです(笑)

コメントする