副作用

副作用

自宅療養中のみでありまして・・・

お世話になった病院での点滴。7日間エンドレス。これがきつかったです。

でも、この点滴での4日間『熱』は全く下がらず。38.0から39.5の間を行ったり来たり。

二度「ロキソニン」を服用しました。

で主治医の出した結論。「プレドニゾロン」(ステロイド)の投与。

コレがズバリ。一気に熱が下がりまして、点滴終了→自宅療養とスライドしたわけで・・・

ステロイドの服用って私、初めてのわけでして・・・

自宅療養に切り替えるにあたって主治医にステロイドの「副作用」に関してしっかりと把握しておく必要性を感じました。

便利な世の中で、与えられた「お薬」スマホでチャチャッと検索すると沢山の「答え」が出てくる時代です。

退院するにあたって主治医にしっかりと説明を受けました。

プレドニゾロン服用にあたり、2ヶ月程度を目処に徐々に「薬量」の減量を試みるそうです。

そして副作用。

食欲が増大すると同時に、脂肪の代謝障害が発現するため、急速に症状が発現するとの事です。簡単に太るという事で・・・

ただ、私の場合、3年ほど前の『病』で簡単に痩せたので、ステロイドに乗じて、簡単に太るのはコレアリなんじゃないかと素朴な疑問を主治医にぶつけてみます。

こういう質問された事ないですが、この方法論で太った場合、「血糖値→糖尿病」にリンクしちゃって面倒くさい事になるので、この方法論は絶対ダメなんだそうです(笑)

という事でポチッと逝っときました。体脂肪計です(^.^)
自宅療養中ですが「食欲増大」の副作用コレ怖いです。キョーレツです。

免疫力の低下もあるそうで、風邪を引きやすくなる、そして風邪を引いたら症状が重くなるそうで・・・・

外部との接触時は極力マスクだそうで・・・

コイツも逝っときました。

定期購入です。

今回の病、やはり「長期戦」になりそうで、2ヶ月間、主治医の言う事をしっかりと聞いて、完治してみせますぞ(^O^)v

※ 余談で不謹慎なお話 ※

自分の身の危険を感じ、自分自身の「ほぼ全てを失った状態」で救急病院に運ばれると、非常に不謹慎でありますが、救急病院で私の面倒を見てくださる『全ての看護師さん』がキラキラと美しく見えるという事を今回痛感したのでありました。

 

コメントする