高齢者が事故って

高齢者が事故って

こんなニュースが数日続いています。

私の父が亡くなる数年前、私、免許返納に関して群馬県警に電話で相談してみたんです。

小さな交通事故を起こし、若干認知症も既に入って来ていて、家族としてどうやっても危ないと感じての相談です。

父を説得してみるも、本人は「正気」です。免許返納をする気はありません。

群馬県警に相談の電話をした時は父の運転は「殺人凶器」と言っても過言ではない状態で・・・

一時停止は止まらないし・・・事故になったら相手に迷惑掛けます。

電話対応した群馬県警の職員、笑いながら「本人の意思がないと免許返納は無理ですよ」って。

こちらが、危機を予測してでの相談に笑いながらその態度はないんじゃないの?って正直感じましたよ。

私の個人的な意見。

18歳で自動車免許が取れるんです。だから、免許が終わる年齢があってもいいんじゃないかって・・・

テレビのニュースでは子供も近くにいない公共交通機関のない田舎の90歳のおじいちゃんのお話を取り上げていますが、特異なケースばかりを取り上げられてもなぁって感じます。

「また高齢者が事故」ってテレビニュースの取り上げ方が嫌です。

現在高齢化社会なわけで、毎日、高齢者の交通事故が発生するのは、この世の中で言葉は悪いかもしれませんが『自然』だと思うんです。

九州のの穴がふさがって、アメリカの大統領が決まって露骨に「ネタ不足」の「また高齢者が事故」ってテレビニュースの取り上げ方、私は嫌いです。

情報提供者としてラジオも新聞もこういう取り上げ方しません。インターネットもしないと思います。

こういう取り上げ方するのはいつも決まって「テレビ」私はテレビを嫌いになりつつあります。

https://www.youtube.com/watch?v=qGM1bmj0SNU

コメントする