淫行に関して私が思う事

淫行に関して私が思う事

芸能ネタにうとくなってきて(^^ゞ

ほとんど興味を示さなくなった50歳のオッサンなのでありますが・・・

狩野英孝くらいは知っています(笑)

頭の固くなった50歳のオッサンの意見です。

 

今回のお話をザックリ聞いた時、狩野英孝「とんでもねぇ奴だな」って思ったのですが・・・

チョット話が違うようで、相手が22歳と偽っていたようで・・・

ただくだらないネタを掘り下げる気もないので、「淫行」に関して触れてみる事にします。

狩野英孝が今回やられたのは東京都の淫行条例のようで・・・

警視庁の淫行処罰規定でなんとなくわかります。

でも私が真っ先に思った事。女性の結婚年齢の下限は16歳じゃないの?って素朴な疑問。

女性の結婚の下限年齢を18歳に引き上げる検討もされているようですが現時点では16歳。

矛盾だらけじゃないの?って感じます。

なおかつ警視庁の淫行処罰規定には除外規定があって

婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれます。

誠に申し訳ないですが、未成年であって「婚約中の青少年」の前段階で「みだらな性交又は性交類似行為」が存在しないということ自体が私はあり得ないと思います。

言い換えれば、未成年であっても健全なお付き合いをして「婚約」した後の「みだらな性交又は性交類似行為」は淫行に当てはまらないとの事。

健全なお付き合いだけで未成年が「婚約」にたどり着くとは私には思えませんが・・・なんかするでしょ(笑)

そうなると、どうして法律でなくて条例なの?って疑問が出てくるわけで、法律と条例の関係に答えがあるようで・・・

法令が全国一律の均一的な規制をしているとき :条例による規制はできない

淫行に関して全国一律の均一的な規制をしない理由があるんでしょうね。これ以上掘り下げません。

私は狩野英孝が芸能界から永久追放されるとか、何年後に復帰するとかは全く興味ありません。

ただ、しっかり「しっかり法整備してから取り締まろうぜ」って感じます。

50のオッサンの独り言でした。

コメントする