ライン引き

ライン引き

先日高崎市の小学校の育成会のソフトボール大会がありまして・・・

私は親観戦設定でお邪魔させていただきました。

「ウィンドミル禁止」という設定の中で結果から言うと『優勝』でした。

主催母体が異なりますのでお手伝い以上の事はしちゃいけないと感じつつ・・・

決勝戦の行われる会場で「ライン引き」を始めました。

「ライン引き」と言っても朝のうちに主催者側で既に終わっているので、消えかかっている線をなするだけです(笑)

消えかかったラインを綺麗になぞる、この作業だけなんですが、館林市ソフトボール協会の方に教わった方法でラインを引きます。

この方法はしっかりとまっすぐにラインを引く事が出来ると感じ、それを実践しただけの事です。

ラインカーはこんな感じです。

後に長男とお母さんは言いました。

「お父さんのライン引きはおもしろい。普通ラインカーって押すのにお父さんは引いている。面白い。」

待ってましたとばかりにすかさず斬り返しましたよ。

「それは、お父さん以外の全員が間違っているんだよ(^.^)だって『ライン引き』って言うでしょ(^.^)他の人のは「ライン押し」だよ(笑)ライン引きって言いながらどうして押すの?」って(笑)

この斬り返しは館林市ソフトボール協会の方に言われた事をそのまま使っています。「ゆっくりと引く」これがライン引き。

ほぼ屁理屈の領域ですが(笑)「ゆっくりと引く」としっかりと「引いたライン」を見ながらまっすぐのラインを引く事が出来ます。

そしてチョット笑いが取れますよ。

ライン引きを引いている方がいらっしゃったら、きっとそれは「斬り返し」を狙っている方です。間髪入れて突っ込んであげてくださいね(笑)

コメントする