くだらない話を綴ってみる

くだらない話を綴ってみる

今日は内視鏡検査の日

9:00スタートです。

私はバリウムが大嫌いでバリウム飲んだらゲロ吐きそうになるので毎年「胃カメラ」飲んでいます。

ただ、昨年は入院騒ぎをしていまして胃カメラの機会を逃しまして2年おいての内視鏡検査になります。

胃カメラを飲む患者側の私のステータスは「レベル9」です(笑)ベテランです(^.^)

そして先生はレベル10に既に達していますのでかなりハイレベルな内視鏡検査であるという事は間違いありません。

内視鏡検査の予約は電話で行いました。

前日20時までに夕食を済ませ、しっかりと睡眠を採ります。

本日06:00起床。しっかりと一杯のお水をいただきます。

通常、内視鏡検査を行う場合、前日からの「段取り」のメモをくださいます。

ただ、私はレベル9のベテランですし、渡されてもそういうのは読まないので不要です(笑)

08:30に入場です。指示される事なく血圧を勝手に計ります。

 

確実に脈が安定しています。血圧と脈に満足して呼ばれるのを待ちます。

ハイレベルな「戦い」が始まっています。

会話は交わしませんでしたがお互い正々堂々と戦う事をアイコンタクトで確認します。

勝敗は胃カメラの「喉越し」と「オエッ」の回数です。「喉越し」のジャッジは私が行います。

「オエッ」に関しては私がいかに肩の力を抜けるかに掛かっていますから、コレも私がジャッジします(^.^)

要するに勝敗は私が勝手に決めるという事です(笑)

結果を申し上げますと、「喉越し」に関しましては先生の完全勝利。「オエッ」に関しては0回で私の完全勝利。

ドロー判定により、今回は私の王者防衛となりましたよ(笑)

アイコンタクトで先生も納得していただきましたよ(笑)

で、胃薬服用しているとピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の血液検査は受けられなかったのですが、解禁されたとの事でピロリ検査も受けてきました。

ただ、「王者」としての自覚から先生に

「1万円しか持って来ていませんので収まりますか?(笑)」

王者の無銭診療は格好悪いですよね(笑)

ですから「概算見積もり」で予算内なのでGOです。

綺麗な「胃」でしたよ(^.^)


 

で、その後、富岡市の印刷屋さんに用事がありまして・・・

愛する嫁さんとデートです(笑)

富岡製糸場が世界遺産になった時からこのお店気になっていていまして、富岡製糸場の同級生案内ガイドが既に突入していましたので、本日お伺いしてきました。

美味しかったですよ(^.^)

で、ここからはローカルガイドのお話なんですが、入りづらいお店の写真、店内写真を撮影UPしたのですが、写真閲覧数が凄い事になっています。

Googleストリートビューで手の届かない所の情報。これがローカルガイドのミッションですね(^.^)

 

本日お世話になったクリニックです。

コメントする