卒業式(お父さんの戯言)

卒業式(お父さんの戯言)

今日は長男の卒業式。
仕事の調整がつかず、休む事は出来なかったのですが、10:00~11:30までの間、参列させていただきました。
妻はビデオカメラに一脚、コンデジで臨戦態勢。
周りのお父さんお母さんも同様。

私はGoogle認定フォトグラファーでローカルガイド。Google認定フォトグラファーでローカルガイド あらゆる物を記録に残したい。

でも「卒業式」に関しては「記録」ではなく「記憶」に残したい。

だから記録機材に関しては準備せず。

卒業式が始まって、年老いて涙腺が緩くなり泣きっぱなし(^^ゞ

全ての子供達が可愛い、そしてたくましくなっている。

お姉ちゃんと合わせると10年お世話になりました。

そして我が母校。思い入れもあります。

大きな声で返事をしていい歳こいて泣きっぱなし。

格好良かったなぁ(^.^)

ガタイは中学校3年生並。でも頭を張る事って出来なかったんです。番長にはなれなかった(笑)

運動会の団長、周りが押してくれたのに、団長はやりたくなかった。やらなかった。

「優しくなれ」と命名して、それが、長男のいいところ。

宇津木妙子さんにハッパ掛けられたけれど(笑)優しいんですね。

それを6年間通した。勉強に運動にもがき苦しんだ。

卒業式で6年間を振り返ってPTA会長がお話をしてくださった事。私は直接携わらなかったけれど。ほとんどは私にも理解できました。

長男はあった事を必ずお父さんに報告してくれました。

6年間一生懸命頑張りました。

そして誰よりも格好良かった。←親ばか(笑)

中学生になります。沢山の友達を作って、勉強に運動に頑張ってください。

そろそろバリカンの出番です(^.^)

コメントする