長男交通事故に遭う

長男交通事故に遭う

本日遅番でマッタリと寝ていると妻が

「長男が交通事故に遭った」って叫んですぐさま直行

すでに救急車で横たわっている長男。首にコルセット。涙をつるっています。

左下に見える建物はビニールハウス。死角になります

長男は中学校に行くためにこの交差点を南から北に向かいます。一時停止ありです。

一時停止をしっかりしたかどうか?確認はしていません。本人動揺していますし、痛い思いしていますし・・・

近くで工事現場があるのですが、その方が長男から電話番号を聞いて我が家に電話してくださいました。

妻がお礼の電話を差し上げるとものすごい音がしたそうです。

南東に走っている道路が優先道路。交通標識無し。法定速度60km

優先道路を西から東に走行の軽自動車が、横断中の長男を横っ面から突っ込んで飛ばされたという感じです。

地図を広域で見るとわかりますが、渋滞する国道の抜け道である事がわかります。

救急車は来たものの実況検分の警察がなかなか来ない。

中学校の担任の先生も駆けつけてくださいました。

搬送先の病院が確定し、救急車は出発。

警察が来るまでに結構な時間を要したのですが、その間、「抜け道」を多数の車が結構なスピードで駆け抜けていきます。

「危ないな」が正直な感想。

長男は救急搬送されたので長男の実況検分は後日。

自動車と自転車、親として我が子を絶対に守ります。

親として『弱者』の立場として物事を考えます。

危険予知運転をおこなっていれば今回の事故はなかったと思います。

で長男の容態。搬送先の病院であらゆる検査を受けて骨には異常なし。

体中あざだらけ、脚には包帯巻いてきました。痛々しいです。

『物』なんかどうでもいいですが、自転車は両輪とも曲がって『廃車』です。

相手の運転手の方、速やかに110番通報、そして保険会社に連絡。

これは正しい判断だと思います。

保険会社の担当の方が私に電話を繋いで、私が電話を取ると私の住所と連絡先を教えてくれと申したので・・・

私は保険会社の担当者に

「今、その情報が必要ですか?保険加入者から事故の一報が入ればいい事でしょう!!!警察の実況検分が終われば連絡先の交換をするでしょう!!!警察の実況検分の前に情報を提供する必要があるんですか?我が子は救急車で運ばれているんですよ!!!」

と、うなり飛ばしました。

中学生になって沢山の経験をしています。衝突した時の音、頭に残ります。これも一つの経験だと思います。

安全運転、これが一番です。事故なんてお互い嫌です。

 

先ほど帰宅して交通事故で傷ついた物を確認しました。

かばん・衣類・あらゆる物が傷ついています。

ヘルメット

ゾッとしました。

ヘルメットに感謝。あごひもをしっかりと締めていた事に感謝。しっかりと頭を守ってくださいました。

長男よ。お父さんは全力であなたを応援します。いろんな経験をします。すべてにおいて頑張ってください。

安全運転 これが全てだと感じた今日この頃です。

コメントする