昨日も今日も・・・

昨日も今日も・・・

昨日の私は『お昼寝中』でして・・・ドンッって来て、その後の横揺れ。どうなっちゃうんだろうって思いました。

そもそも考え方が古いので「群馬県に震源地の歴史はない」という昔の言葉で考えてしまうので(^^ゞややこしくなります。

震度3って事はないでしょと思いつつニュースを眺めます。

で、今朝のお話。8時頃私の格安スマホがヒュンヒュン鳴ります。

大阪で震度6弱。その後の情報で亡くなられた方もいたようで・・・

20年以上前の「阪神淡路大震災」を思い出しました。

大きな地震が発生した事はすぐに発表されましたが、その後の情報がなかなか伝わってこない。

ラジオで、アナウンサーが「経済活動を止めないでください!」って叫んでいたのを覚えています。

その数年後、私の知り合いの住宅基礎屋さん、復興の名の下に関西に出稼ぎに行きました。

住宅基礎屋さんが「出稼ぎ」から帰ってきて放った言葉「大儲け。やりたい放題。手抜きし放題。」

世の中そんなものなのかもしれません。復興と銘打って手抜き工事・・・

そして昨日の地震に話は戻ります。

旧陸軍岩鼻火薬製造所のこの『柵』は所々に残っています。「100年物」です。原子力研究所(高崎量子応用研究所)から日本化薬に掛けて自転車でグルッと回ってみるとあちこちにこの柵が残されているのがわかります。

県立群馬の森公園の敷地内にもあります。

ストリートビューで確認する事が出来ます。

↑危険度は低そうですね。

史跡として残すのであれば別ですが「野ざらし」が適切な表現かと。

昨日の地震はよいきっかけだと思います。

このコンクリート柵の強度に関しては私が知るよしもありませんが、100年放置されたコンクリート柵、耐用年数は既に超えているだろうと思います。

犠牲者が出てから対策を打つのは簡単な事。でも犠牲者を出さない事が大切な事。

旧陸軍岩鼻火薬製造所に関しては「国有地」の扱いになるので、様々な障害があるのは承知の上で、この地に住む「一住民」として情報発信する必要性を感じまして今回このブログに綴らせていただきました。

コメントする