ノーテンキなお話

ノーテンキなお話

いつからこんなに頑固になったのか?(笑)

このCM見てから、私、ENEOSでガソリン入れていません(笑)

精一杯の抵抗です(笑)


で私の努力の結晶のお話。

コンビニで700円の「スピードくじ」やっていますよね。

「当たり」が非常に偏っていて、当たる時は当たって当たらない時は当たらない。

で、私、IQOS愛用者でして・・・

コンビニで700円のスピードくじの権利を得るために、IQOSをカートン買いします。nanacoではなくEdyを自宅でシャリーンとチャージして1発2カートン

460×10×2÷700=くじ13回

nanacoでIQOSのヒートスティック購入してもポイントは付かないんです。だからEdyなんです。

「当たる時は当たって当たらない時は当たらない」のではなく「当たる店は当たって当たらない店は当たらない」という仮説を建てました。

「当たる店」をやっと発見しました。

「当たるお店」は毎朝立ち寄るコンビニです。あの「おばちゃん」がいることを祈ります。

いなかったら缶コーヒーでスルーです(笑)

やっと、いましたよ(^.^)

「おばちゃん、二箱行くよ、お願いね(^.^)」ラブコールを送りますよ(^.^)

460×10×2÷700=くじ13回の筈ですが・・・

15枚、全部当たりだよ(^.^)、交換は後にしてね(^.^)」

あり得ないお話ですが、本当にあったお話です。

まぁこの手のキャンペーンは大抵、取引先が泣くシステムで、でも当たるか当たらないかわからないコンビニだったら当たるお店行きますよね。

私は引き続きこのコンビニに通うことにします(^.^)


ここ数日、テレビでは嫌なニュース・考えさせられるニュースばかり。

こういうノーテンキなお話がいいです。

コメントする