Tomoaki.Biz

Google マップとストリートビュー

*

ストリートビュー撮影

Googleストリートビュー認定フォトグラファーとは

Googleストリートビュー認定フォトグラファーはGoogleの社員ではなくGoogleの業務を委託された代理店でもありません。
​Google規定の機材を用いて画像を50枚以上ストリートビューにアップロードすれば、取得可能な「認定」です。

2016年7月31日以前の条件は高価な機材・技術が必要でしたが、撮影機器の向上とストリートビュー(インドアビュー)の普及・参入のためにGoogleが「敷居」を下げました。

撮影機材・条件を見る限り旧基準では個人での参入は不可能だったのではないかと・・・・・

2016年8月1日以降の条件———————-
機材:一眼レフ及びGoogle規定の360度撮影カメラ
14M画素以上
HDR合成は必須ではない
1MAP1枚以上

私は新条件にて認定されたGoogle認定のストリートビュー認定フォトグラファーで撮影機材は至ってシンプルです。

2016年7月31日以前の厳しい条件の中でも認定フォトグラファーは存在し、新基準のGoogleストリートビュー認定フォトグラファーと混在する事に不公平感を感じる方々がいらっしゃるのは当然の事と感じます。

また以前は屋外撮影を「ストリートビュー」、施設の屋内撮影を「インドアビュー」と切り離して表現していましたが、現在は統一して「ストリートビュー」と表現するため、ユーザーにはわかりづらくなっているという現状もあります。

ストリートビューの効果

認定フォトグラファーの写真でユーザーの目を引く をご覧ください。Googleのストリートビューの宣伝効果に関してとてもわかりやすく説明されています。

 

Tomoaki.Bizのストリートビュー撮影の特徴

新基準の認定フォトグラファーとしての位置確立のために1回の撮影箇所は原則1ヶ所(実際の撮影は角度を変えて数枚撮影します)。それ以上の撮影は旧基準の認定フォトグラファーにお任せする事とします。Googleマップで反映されるストリートビュー(インドアビュー)は2枚あれば十分と感じます。通常の店舗であれば、静止画1枚+ストリートビュー(インドアビュー)1枚で十分なアピールは可能です。施設(店舗)での宣伝効果はかなり期待できます。

Tomoaki.Bizはお手軽なストリートビュー(インドアビュー)を実現します。

 

例をあげます。新規開店のコインランドリーがあるとします。

Googleマップにリスティングします。外観の静止画を1枚撮影します。そしてストリートビュー(インドアビュー)1枚を撮影します。

これだけの事でGoogleでコインランドリーを探している人に十分な情報を提供する事が出来ます。

ストリートビュー(インドアビュー)1枚をGoogleマップに反映させるだけでお店の宣伝効果の破壊力は計りしれないものがあります。

近くのコインランドリーを探している方はGoogle検索やGoogleマップで「コインランドリー」と入力して検索し。情報を得ようとするのです。

近くのコインランドリーを探すのに他県のコインラインドリーの情報は不要です。ターゲットを絞った情報収集はGoogle検索であり、Googleマップなのです。

全てにおいてTomoaki.BizはGoogleの「画像の承認とプライバシーに関するポリシー」を遵守した上での行動します。

使用機器及び撮影の流れ

フォームからお気軽にお問い合わせください。価格は一律ですのでお見積もりは交通費を提示するだけですが・・・

スケジュールの調整を行います。私はサラリーマンですので限られた休日の中でのスケジュールの調整となります事ご了承ください。

 

 

撮影の流れは認定フォトグラファーの公式動画です。大体こんな感じです。

50歳のおじさんに差し替えてください。

動画ではその場でスマホからUPして「即公開」となっていますが、画像処理ソフトで編集(ぼかし加工・明暗調整等)を行ってからGoogleマップに反映させますので、3~4日は日数を要する事になります。

普通乗用車でお伺いいたしますので拠点(高崎市)からの交通費は実費をいただきます。

画像の編集

Ricoh Theta SCでの撮影ではどうしてもカメラ本体と三脚の映り込み及び「三脚の影」が発生します。

その映り込み及び三脚の影をごまかします。そして明暗及び画像をシャープに仕上げます。

高崎市役所2017/04/10のパノラマ画像です。グリグリしてみると三脚及び影がはっきりわかります。

画像処理後、はっきりと明るくなっている事がわかります。カメラ・三脚・影の映り込みも消えている事がわかります。

これらの処理を行うため、即時公開にならず、3日から4日の日数を要するわけです。

 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

公開日:
最終更新日:2017/08/22